ポスティングの地味にツラいところ クレーム以外にこんなことも!?

ポスティングバイト

ポスティングでキツい部分というと、投函先の住民から「チラシ入れないで!」と怒られる点が代表的。

しかし体験談を探していくと、それ以外にも「耐えられないほどではないけどツラい」という点がいくつかあるようです。

ここがイヤ!ポスティングの地味にツラいところ

ポスティング経験者の声からまとめた仕事のキツいところをまとめてみました。わりとポスティングならではという点が多いです。

夏の暑さ

ポスティングバイト

歩いてポスティングする場合でも自転車やバイクを使う場合でも、夏の暑さはキツいです。

猛暑なら男性でもバテるほど。ペットボトルは2本ぐらい持っておいた方がいいでしょう。

人目が気になる

新聞や郵便の配達員であればユニフォームを着て会社のバイクを使って配達するので、通行人が見ても「あ、配達してるんだなー」ぐらいにしか思いません。

一方ポスティングの場合スタッフは私服で歩き回りますから、かえって目立つ恐れがあるのです。

車必須の地域も

神奈川県でも、住宅が密集している地域であれば1枚入れたらまた次…というふうに投函していきますが、地域によってはお家とお家の間が何十メートルも何百メートルもあったりします。その場合は効率のために車での移動が必要になってきます。

雨天

雨の日は配布物を素早く投函しないと濡れてしまいますよね。神経を使うので雨の日は仕事がやりづらいです。

ポスティング会社によっては雨天時の配布を禁じているところもあるそうです。

トイレ問題

配布エリアでトイレのある施設がないと、万が一トイレに行きたくなった時ツラいですね。公園やパチンコ店などをチェックしておきましょう。

ポスティングは駅周辺を選ぼう

上記で地味にキツい点をあげてきましたが、駅に近いエリアで配布するとそれらのキツさが少しやわらいできます。

郊外でも駅周辺であれば比較的栄えているので、トイレ休憩のとれるパチンコ店などを見つけやすいです。喉がすぐ渇く夏は、仕事中でも必要に応じてコンビニや自動販売機でドリンクを調達することもできます。

また、駅周辺はマンションが多く建つ傾向があるので、がっつり稼ぎたいという人にとってもお得なエリアといえます。マンションが多いエリアに行きたいなら川沿いや大通り沿いを選ぶのも手です。

ポスティングはひそかなメリットも

実はメリットもいくつかあるポスティングのアルバイト。この仕事を始める人はこうしたメリットに注目しているのではないでしょうか。

運動になる

主に中高年の方が運動不足解消としてポスティングを始めることが多いようです。ただ走ったり歩いたりするより仕事として歩きまわる方がモチベーションを維持しやすいのかもしれません。

好きな時間に働ける

決して多くの収入が望めるわけではないものの、体調面や家庭の事情でフルタイムの労働ができない人にはもってこいの仕事です。

自分で空いた時間を見つけて仕事ができる点もポスティングのメリットです。ただし、ポスティング会社によっては「怪しまれる」などの理由で夜間の配布を禁じているところもあります。

年齢を選ばない

ポスティングスタッフは年配の方から学生さんまで年齢層がさまざま。年齢や性別を問わず就ける点をみるととっつきやすい仕事ではないでしょうか。

ポスティングは決してキツいことだけではありません。ポスティングのアルバイトをしようと思っている人は、自分の中であれこれ折り合いを付けながら「自分にできそうかな?」と検討してみましょう。