ポスティングに適した時期・曜日とは?新聞折込VSポスティングの比較

季節行事や曜日ごとに、消費者の生活リズムが目まぐるしく変わります。それに合わせて、チラシの需要と供給も増減します。また新聞折込とポスティングを比較することで、宣伝効果の差もみえてきます。ポスティングの反響について、あらゆる観点から探ってみましょう。

調べて納得!ポスティングに適した時期・曜日とは?

配布後の日付・枚数・地域・広告内容のデータ記録から、配布に適した時期や曜日がみえてきます。

時期に合わせるポスティングとは?

年中みかける美容院や不動産、病院やグルメ広告。季節の変わりめには広告もさまざま変化します。
新学期・新年度は学習塾やリサイクル関係、夏に近づくとダイエットに関する美容商品やスポーツクラブの広告も多く配布されます。
季節やニーズに合わせた広告が、消費者の目にとまりやすいのですね。

配布に適した曜日とは?

(配布枚数の割合と特色)
・月→8%(月・火は教育系チラシが多い)
・火→12%(食品切れを予想で主婦向けチラシ多い)
・水→12%(火・水はスーパー系チラシ多い)
・木→12%(週末向けに多種多様なチラシ多い)
・金→16%(木・金は週末向けに多種多様なチラシ多い)
・土→29%(もっとも多種多様なチラシの数が多い)
・日→11%(購買ではなく求人広告など)

曜日によって利用者を予想し、チラシの枚数を調整しています。週末の金・土曜日に配布枚数が増加していますね。

広告対決!新聞折込VSポスティング

新聞折込とポスティング広告をテーマ別に比較してみました。

広告価格

地域により相場に価格変動があり、新聞折込広告が安いようです。

・新聞折込…1枚3円くらい
・ポスティング…1枚3~9円くらい

印象・信頼性

何枚もの広告をバラバラに受け取るポスティングより、新聞折込にまとめられた広告のほうが、印象が良く信頼性が高いようです。

消費者の視認性

・新聞折込…広告が一つにまとまっているため、目につかない可能性あり
・ポスティング…ポストに1枚ずつ入っているため、じっくり目を通しやすい

配布の自由度

・新聞折込…広告以外は配布できない
・ポスティング…試供品など配布できる

ターゲット範囲の広さ

・新聞折込…新聞購読者のみで範囲が限定される。最近では、インターネットの普及により、若者の購読者が減少しているので、中年以上の年配者がターゲット

・ポスティング…戸建て・マンション・アパート・事務所ビルなど、あらゆるターゲットのポストに自由に配布可能

継続性

・新聞折込…購読停止=継続不可
・ポスティング…投函禁止=継続不可

投函禁止する家は少ないので、比較的、ポスティングは継続的に消費者にアプローチできますね。

まとめ

ポスティングに適したタイミングを知り、広告を比較することでターゲットを絞れば、自然と売り上げアップにもつながります。記録されたデータをもとに、消費者目線で配布すると、ポスティングの必要性もますます高くなることでしょう。