効率よくポスティングをするためには?

ポスティングと給料について

学生さんや主婦の方など、ある程度時間を自由に使えてお金を稼げるお仕事を検索しているとポスティングやハンディングといったものが出てくるかと思います。

ハンディングやポスティングにも時給制で行われているところと、歩合制で行われていると言うところがあります。

ここでは、歩合制のポスティングについてみていきましょう。

ポスティングのチラシの種類

ポスティングに関していえば、何を配るのかと言うのはとても重要になってきます。

マンションのチラシなのか、飲食店やデリバリーサービスのチラシなのか、スクールなどの入会促進の為のチラシなのかと言ったことで、ターゲット層が異なってくると言うことを覚えておきましょう。

実際にポスティングをしているときに「ただ配ればいいや。」「枚数だけ配っていれば収入が増える。」という考えでポスティングをしている人は多いはずです。

自分自身はそれで満足かもしれません。しかし依頼主(広告主)からしてみれば結果(業績)に繋がらなければ、広告宣伝費やポスティングの人件費をかけていても“無駄な経費”として捕らえられてしまうわけです。

効果的なポスティング方法について

確かに数を多く配布すれば、業績効果として成果が出る可能性はないとは言い切れません。しかし、効率よく配布したほうが配布する側も、依頼する側にもメリットがあります。

例えば、スクール入会などの場合を考えて見ましょう。

A社に依頼して1,000配布で平均1人入会に対し、B社に依頼して500枚で平均1人入会。と言った場合、今後はA社に依頼をするでしょうか?B社に依頼をするでしょうか?

チラシの印刷代、人件費を考えればB社に依頼をするでしょう。

どう配布をするのかということですが商圏分析などで配布する地域を絞って行います。

今後に繋がるポスティングを

最後に効果測定を行います。

ここではポスティングを実際に行っている人ではなく依頼を受けている企業に対して言えることですが、ポスティングの業務を効果的に行い経費の節減をし、結果を出すことで依頼業者から、再び業務の依頼が来ることが考えられます。

これが信用と信頼関係になるのですが、実際に何枚配布してどのくらいの時間で行うことができたのか。また、どのくらいの効果があったのかという事を依頼してきた企業に確認しておくことが今後に繋がると言うことを覚えておかなければいけません。