子連れでのポスティングは可能?地味に大変な点も

ポスティング配布子連れ

ポスティングスタッフの年齢層は実にさまざま。

神奈川県内で配布しているスタッフを見ていても、学生さんがお小遣い稼ぎのためにやっていたり、中高年の方が運動不足解消のためにやっていたり。もちろん主婦がやりくりのためにポスティングのアルバイトをすることもめずらしくありません。

中には小さなお子さんを抱えながらポスティングをしているママさんも…?

ポスティング配布子連れ

子連れのポスティングってできるの?

お子さんが小さいうちは家に置いていくわけにはいきません。そのため、お子さんをおんぶしながらポスティングするママさんもたまにいます。

では、ポスティング会社の規定上大丈夫なのでしょうか…?

結論からいうと大丈夫のところが多いです。会社としては配布物を配ってさえくれればいいのですから。
ただ会社によっては「子連れでの配布はお断り」とされているところもあるので、バイトに応募する前に募集要項をよく確認しておきましょう。

子連れママのポスティング こんなとこが地味に大変

お子さんを連れてのポスティングは、やはりこんな厳しい点があるようです。

泣くと大変

子どもですから泣く時は泣いちゃいます。そんな時はポスティング作業を中断せざるをえないことも。

体力を使う

子どもをだっこやおんぶで歩くのはただでさえ疲れますよね。それでポスティングのために歩き回るとなると、かなりの体力が必要になります。

特にベビーカーを押してのポスティングは大変だそうです。配布物を持って、ベビーカーも押して…となるとかなりエネルギーがいりますね。

子連れママのポスティング術

お子さんを連れてのポスティングはたしかに大変ですが、ママさんたちはこのような工夫をしているそうです。

自宅近くでポスティング

ポスティングのエリアを自宅周辺にしておくことで、お子さんが泣き出した時にいったんお家に戻ることが可能です。

公園などをチェック

おむつ替えなどのために、配布エリアの近くに公園があるかどうかをチェックしておくと安心です。ポスティングの場所が都心部ならショッピングセンターでもいいでしょう。

お昼寝タイムを選ぶ

お子さんがすやすや寝ているタイミングをねらってポスティングに出れば、かなり作業が楽です。騒音や揺れでお子さんが起きない限りスムーズにポスティングができます。

休憩なしで何十分も歩き続けるのはお子さんのご機嫌や体調を考えるとかなり困難。困った時にちょっと立ち寄れる所が確保できると助かりますね。

子連れポスティングの意外なメリット

大変な点が多い子連れでのポスティングですが、実は子連れならではのメリットもいくつかあるのです。

散歩になる

お子さんが歩けるぐらいの年齢ですと、ポスティングがお散歩代わりになります。自宅周辺のエリアを選べば、疲れた時にお家に戻れます。

歓迎される!?

ポスティングといえば配布先の住民のクレームが怖い…というイメージがありますが、子連れの場合はそんなことは少ないようです。ポスティングをしていると「あら可愛いね~」とベビーカーをのぞきにくる方がおられ、逆に歓迎される傾向があるようです。

クレーム率が低くなると考えれば、子連れでのポスティングも決してツラいだけのものではないですね。

梅雨や夏の暑い時期、冬の寒い時期など天候の変化が多い時は、お子さんの健康が第一なので不向きですが、春や秋など天候の良い時はお子さんと一緒にしてみるのもいいかもしれませんね。