新規出店のポスティングで気を付けたいポイント

チラシの配布について

新店を出店するのには、まず集客というのがとても重要になります。新店がオープンする日時がいつであるのかと言う告知とともに、どこに出店するのかというのが明確でなければいけません。

ポスティングで気をつける点というのは商圏がどのくらいの距離までならお客様が足を運ぶかと言う点です。

例えば、飲食店の場合であれば人通りが多い道のテナントやオフィス、近くや住宅街にチラシを配布するのは効果的です。

しかし、一方でスポーツクラブであったり、スクールと言うような習い事に関して言うと競合店が隣り合わせにゴロゴロとあるわけではありません。少し商圏を広げてポスティングをしても良いでしょう。

配布に注意すべき点


当然、新店オープンをするということは近隣のお店をはじめ近隣の住居などについても配布はすべきですが配布しすぎるとクレームが来る恐れがあるので注意が必要です。

お店から近いと言うことで、何度も何度もチラシを配ると、逆にクレームの電話が入ることもあります。ポスティング業者も近くで大量に裁けると言うことでマンションを選び、1日に何枚も入っていたりという事があったそうです。チラシの効果もありませんし、人件費の無駄にもなります。

誰がどこをいつ配布するのかと言うポスティング計画が必要です。

配布に注意すべき点

ポスティング禁止のマンションなどについての配布についてです。

現在は、セキュリティが厳しくポスティングが容易にできないようになっているマンションも少なく有りません。

注意をしなければいけないのは、張り紙だけしてあるからと言って勝手にマンションに配布をしてしまうと、のちのちのクレームに繋がる可能性もあります。

その場合はポスティング業者ではなく、ポスティングを依頼している企業ににクレームが入るので注意が必要です。

マンション管理者について

オートロック式であったりマンションのセキュリティがしっかりしていると、ポスティングができないもしくはポスティングしにくい地域もあると思います。

実際には未成年に不向きなチラシであったりするために禁止としているマンションもあるようです。

事前にポスティング地域の状況を調べ、ポスティング禁止と書かれているマンションであればマンション管理者に確認をして「○○のチラシを配りたいのですがよろしいでしょうか?」と聞くと、配布許可が得られるところもあります。