気をつけて!ポスティングする時に注意すること

間違った地域のポストに投函しない

ポスティングは、あらかじめ戦略的に投函する地域を選んでいます。
そのため、リストにのっていない家のポストに入れたとしても、効果が出ることはありません。間違って入れてしまったポストが、たまたま会社の人の家だった場合、間違いを指摘されるかもしれません。

事前に地図でポスティングする家を把握しておき、間違いがないように投函していきましょう。
posting6

住民からのクレームに注意

ポスティングは、マンションや一軒家のポストまで投函しに行きます。ポスティングをよく思っていない人もいます。管理人やマンションの住人に出くわしてしまうと、注意を受ける場合があります。

相手からすれば、人の家のポストの前で何かをしていると思いますので、厳しく言われることがあります。

また、一軒家などは庭の奥に、ポストがあるため、敷地内に入る場合があります。番犬などがいる場合もありますので、あまり無理をしないように投函していきましょう。

チラシお断りの札に気をつける

マンションや一軒家によっては、「チラシお断り」などのシールをポストに張っていることがあります。

そのような張り紙やシールを見つけた場合は、ポスティングをしないようにしましょう。
枚数稼ぎのためにポスティングをして、クレームに発展することがありますので、注意をしましょう。
posting7

サボってはいけない

チラシ配りは、誰からも見られていないためサボってしまう人がいます。

ただ、企業はチラシ配りをする前に調査を行い、どの程度の効果があるか事前に把握しています。そのデータと結果を比べた際にあまりにも差があると、チラシ配りをサボっていたことが簡単にバレてしまいます。

お金をもらって仕事をしていますので、仕事をしっかりとこなしましょう。