ポスティングのメリット・デメリットとは?口コミ・クレームからみえること

自由度が高く、人間関係のしがらみの少なさで、幅広い年代の方から選ばれるポスティング。そんなポスティングのメリット・デメリットとは、一体何でしょうか。
ポスティングにまつわる口コミやクレームをもとに深くみていきましょう。

ポスティングのメリット・デメリットとは?

ポスティングすることで得られる「メリット」と、それに伴う「デメリット」をまとめてみました。

メリット

・新聞未購読者にも配布できる
新聞折り込みより多くの家庭に、広告を届けることができます。
・チラシの配布エリアを絞れる
ターゲットによって「戸建て」「マンション」「事務所」などエリアを絞れる。
・人の目につきやすい
チラシは最も手軽に人の目につきやすい宣伝手段です。
・宣伝料が低価格
TVCMの広告に比べてチラシの宣伝費用は低価格です。
・自宅に保管されやすい
自宅に何年も保管されていることも珍しくなく、連絡がくることもあります。
・運動不足を解消したい、歩くことが好きな配達員にはダイエットにもなります。
・他人のペースに合わせることなく自分のペースでできます。
・さまざまな地域を回り、季節や風景を楽しみながらできます。

デメリット

・クレームが発生する
配布したチラシが万人に受けいれられるわけではありません。100枚のうち1件に反響がある割合なので「チラシを投函しないでほしい」といったクレームも、たびたび発生します。
・天候に大きく左右されやすく、雨の日は時間を調整、暑い日は体力的にきつく、雪の日は滑らないように配慮します。

ポスティング 口コミ・クレームからみえること

ポスティング体験者の「口コミ」もまとめてみました。
・投函禁止宅に注意しなければならない
・チラシを配布前に折るのが面倒
・雨の日は配布できず予定が変わる
・風の強い日はチラシが飛ばされ大変
・夏のポスティングはキツイ
・自分のペースで自由にできる
・動き回るのでダイエットできた

「口コミ」から、想像したより大変だという反面、自由・健康を意識している方にとっては、働きやすくプラスの面もあるようです。

デメリットである「クレーム」は、お客様のチラシを入れてほしくないという重要なメッセージです。人によって、不要な情報源であるチラシはゴミでしかありません。そのようなメッセージを無視して、再びチラシを投函すると大きなクレームになりますので、注意が必要です。

まとめ

ポスティングとは、ただチラシをポストに投函するだけの仕事ではありません。1枚1枚配慮しながら、人の手足と心で届けているわけです。そんな温かい思いがチラシを通して伝わるといいですね。