関東2位の経済規模!神奈川県のポスティング事情

神奈川県でポスティングのお仕事が良い理由はご存知ですか?

神奈川県には3つの狙い場所がある?

横浜市は坂などが多く効率よく配れるとは言い切れませんが、坂などを避けて
ポスティングすると結構の量がポスティングできます。

横浜から見て東京から近い区は人口が多く、東京から離れた地域やなどは人口が少なめと言えるため、ポスティングの場所を考えながらお仕事が行えます。

川崎市全体の人口は約70万人いて、中原区、川崎区、高津区の順番に人口が多くポスティングのお仕事には向いている場所です。

現在、特に住民が増えている場所は、2010年に横須賀線の駅が開業した中原区の武蔵小杉周辺で、社員も多く住んでいます。

麻生区ですが人口が少ないですが、小田急線新百合ヶ丘駅は川崎市の中では高級住宅地として知られており、ポスティングに最適の場所です。

相模原市の中心部と言えば、南区の小田急線相模大野駅周辺です。
駅前には、集合住宅もあるので、ポスティングがスムーズに進められると思います。

都市部のポスティングの手段は?

神奈川のポスティング事情

通常ポスティングのお仕事は、自宅付近で行われることが多いですが、都市部では、現地まで車で移動してポスティングスタッフが配布するといった方法をとる会社が増えています。

GIS(Geographic Information System)とは、国税調査等のデータと地理的な位置のデータを関連付けた 地理情報システムで、このシステムを利用することによって、市区町村の人口、世帯、高齢者世帯、男女、年齢・職業、年収などを分析し広告の内容により狙ったターゲット別にポスティングができるようになっていて、GPS機能を使ったポスティングも存在し、全員のポスティングスタッフにGPSロガーを持ってポスティングのお仕事をしてもらうという方法です。

ポスティングスタッフが移動した経路を記録する装置で、このデータを基に配布ルートの解析に役立て、より効率的な調査ができるため実際に仕事をしたかどこの区にでどのチラシが良かったかの分析にも役立ちます。

まとめ

ポスティングのお仕事をする場所によって様々ですがポスティングを工夫することで良い稼ぎを手に入れることが出来ます。