ポスティング配布員の求人を探すにあたって気をつけるべきことって?

気軽に始められそうなポスティングの仕事。時間や配布エリアも選ぶ事も出来て初めてでも安心してできる仕事といえるでしょう。しかし始めてみてわかる辛さや大変さもあります。
そこで求人を探すにあたっての色々な事を調べてみました。

給料や勤務時間

給料はポスティング会社に分かれますが時給か配布数に応じた出来高制になります。時給では750円から900円で配布数になると1枚2円から7円ぐらいになります。
時給制の場合は1日3時間から8時間で1日のみの仕事から週1回からコンスタントに働くものまで様々。
出来高制の場合は働く時間、日にちは好きに決められるものがほとんどです。しかし早朝や夜間は勤務ができない所が多いので9時から18時の間が多いでしょう。

仕事の流れ

チラシを受け取る。

会社によって変わりますが、事務所か集合場所で受け取るか自宅に送ってもらうかになります。
制服に着替えないと仕事できない場合もあります。

ポスティング

仕事は基本的に1人で行います。グループ制の場合は業務開始、終了時に集合するだけで配布作業は1人になります。
配布枚数は一戸建ての多い地域では200枚ほど、集合住宅の多い地域の場合は500~2000枚ほど。
配布枚数にはノルマなしの所がほとんどです。極端に少ないと指摘を受ける事もあるかもしれませんがノルマがあっても自分でペースを決める事が出来るので無理なノルマを設定される事はありません。

業務終了

報告書を提出する場合か電話やメールで終了報告するだけの場合もあるそうで会社によって変わります。

悪徳業者に要注意!

ポスティング会社の中にも悪徳業者と呼ばれる会社もあります。
ポスティングの仕事を始める上で一番に注意すべき事といえるでしょう。

まず、報酬が相場より異様に高い場合は要注意です。報酬の良さには誰しも目が行くものですが、つられて応募したら法外な初期費用、チラシ代を請求されたという事例もあるそうです。
また反響制といって配ったチラシ売り上げが発生して給料が支払われて、売り上げがないと給料が出ないという方式をとっている所も。
時給制でも明らかに無理があるノルマを課し、残業代も出さない業者もあるそうです。
こういった業者は高確率で悪徳業者といえるでしょう。

何を基準に見分けるのかは難しいと思いますが、正しい仕事の流れや勤務時間、給与制度を確認してから仕事を始めましょう。