ポスティングのお仕事をするのに向いている人は?

依頼主のことを考えられるスタッフ

例えアルバイトであっても、お金を頂いていると言う責任感を持って仕事をする事ができる人と言うのはポスティングに向いています。

依頼主というのは当然、業績をあげる為に告知をするために広告宣伝費を使っているわけですから、せっかく作ったチラシをポスティングせずにどこかに捨ててしまったり、家に持ち帰ってしまったりと言うことで仕事をしない悪知恵の働く人と言うのはポスティングには向いていません。

当然のことですが、ポスティングにはどのような意味や効果があるのかという事を理解している人がポスティングには向いています。

挨拶のできるスタッフ

当然ながら、サービス業では有りませんのでいつもニコニコというわけではありませんが住人の方とお会いする機会は沢山有ります。

不審者だと思われないためにも、住人の方にご挨拶をするということは忘れてはいけません。無愛想にチラシを配っていたら、不審者だと思われかねません。

何かあったときにきちんと挨拶ができるスタッフ、また何のチラシを配っているのかを説明できるスタッフがポスティングには向いています。

企業の顔であること

チラシを配布する=企業の広告になるわけです。アルバイトだからと言って、「自分はアルバイトだから。」という言い訳は通用しません。あくまで、その企業のスタッフの一員であると言うことを忘れてはいけません。

何か問題がおこれば、当然依頼主にクレームがいくということを考えて立ち居振る舞いができるということはとても大切です。

誤っても、何か言われたからと言って暴言を吐いてしまっては、その企業の顔に泥を塗ってしまいポスティングも逆効果です。

体力がある人

正直、「ポスティングと聞いてポストに投函するだけでしょ?」と安易な考えでは苦労をします。というのもチラシを何百枚と配布するわけですから、チラシを持って自転車や徒歩で移動をしながらの配布になります。

ノルマがあるような配布になればなおさら時間との勝負になりますから、体力にあまり自信がない人にはあまり向かないお仕事です。