ポスティングで効果的なチラシって?

チラシについて

チラシについてですが、誰をターゲットにしているのかということが明確になっているかどうかということが重要になります。情報量が多すぎると、読みたくなくなりますよね?

チラシというものはパッと見たときに興味をそそられるものであり、「詳細を知りたい!」といった気持ちにさせるものが第一段階の目的です。

その「詳細を知る。」というのはホームページでもかまいませんし、実際に施設の見学に行く、といった事に結びつくようなものが良いでしょう。

デザインについて

まずは、わかりやすい内容のインパクトのあるタイトルというのが必要になってきます。

「○○特大セール」「○日間限定お試し」「スクール無料体験開催!」などといった簡潔なタイトル。そして、写真やイラストなどはそのタイトルにそった内容のものがわかり易く掲載されているということが重要になります。

また、サイズにもよりますが1ページ目もしくは1枚の半分はインパクトのあるキャッチフレーズと写真、残りの部分にキャンペーンの詳細や詳細がのっているURLや今ならQRコードを載せておくと、効果的に宣伝効果を得ることができます。

チラシの詳細について

実際にチラシを見た人が目を引いたとしても、キャッチフレーズだけで実はキャンペーン内容と違ったりしていると思っていた内容と違っては、逆にクレームを引き起こしかねません。

そのため、見出しは簡潔にわかり易く詳細はクレームが起きないように「小さい文字でも記載をしておく事。」が大切になります。

例をあげると“他のキャンペーンとの併用はできません”と言った内容の記載は必要であれば必ず入れておきましょう。

読まずに捨てられない為のチラシの作り方


クーポン券のようなものや、チラシを提示すると割引になる又は何か「特典が付いてくる。」と言うようなものは、比較的チラシが捨てられにくいです。

当然、全く興味がなくタイトルも見ないうちから捨ててしまうと言う場合は例外ですが、少しでも興味を持って中を見ていただけるのであれば何か「特典が付いてますよ!」と言うものが捨てられないチラシの作り方です。