雨の日のポスティング。気をつけるべきことって?


雨の日のポスティングは配布効率が落ちてしまい、スケジュール通りの手配が行えないことが原因で、天候に左右されてしまうポスティングのお仕事ですがとのように気をつけるべき点がいくつかあるのでご紹介していきたいと思います。

神奈川県は年間降水量が全国で14位ということで、雨がやや多い県です。そんな神奈川県だからこそ雨の日のポスティングについて考えてみるべきでしょう。

雨の日で少しの気遣いが大事。

雨でチラシが濡れてしまったりして読まれないとポスティングの意味が無くなってしまいます。

ポストに傘をかざしてからポスティングすると濡れずに済みますし、元からポストの入り口が雨で濡れている場合は、ハンカチなどで拭くと投函の際濡らさずに済みます。

雨の日は足元が滑りやすいので、転倒する可能性も出てきてしまうのでチラシもそうですが、ご自身の身も守るように気を付けなくてはいけません。

その後の天気を考えながらポスティングする?

ポスティングのお仕事が終わってから天気が変わることもあるので、ポストの途中で入れるのをやめてしまうと濡れる原因になってしまいポスティングしたチラシだけではなく、お客様の郵便物が濡れてしまう原因にもなってしまうためポスティングをする際はその後を良く考えながらポスティング作業を行って下さい。

チラシをポスティングする際は、途中で止めず最後まで入るように、チラシをきとんと投函することで無駄なクレームが防げて、お互い悪い気分せずに済みます。雨の日だけでは無く、何日も開けていないポストの投函は、広告物が折れてしまったり、はみ出してしまいます。

雨の日を喜ぶ商売が存在する?

雨の日は、買い物や外食が面倒になり、出前を頼むお宅が多くなるため、デリバリー業者さん又は、ピザ屋さんなどは大喜びの日です。
雨で得をする企業もあれば、損をする企業も存在するため、雨の日は、ポスティングの量が増えてしまうため、会社と相談しながらポスティングを行うと無理なくポスティングの量を考えながら安全に行えます。

まとめ

普段からお客様の郵便物を第一に考えて心を込めてポスティングことを大切に思いながらお仕事を行って欲しいです。
雨の日関係なく、ポスティングのお仕事は期限があるので普段から、傘又は雨具、タオル、広告物が濡れないように入れる袋などを持ち歩いていると急な雨でも対応でき気持ちも伝わると思います。