厚木市・海老名市で子どもと一緒に遊べる場所をまとめ

厚木市と海老名市は、相模川をはさんだ対岸にある市です。
神奈川県央部に位置する2つの市で、子ども連れで一緒に遊べる場所をご紹介したいと思います。

アウトドア派におすすめ

まずは厚木市から。
海老名市より自然いっぱいの厚木市。
大きな公園もいっぱいあります。

荻野運動公園には芝生の広場、野草園、プール、ローラースライダーの他、大型遊具もあります。
敷地が広く、1日たっぷり過ごすことのできる公園です。


by 荻野運動公園

その隣りにある、あつぎこどもの森公園には、森の中を歩くことができる日本一長い空中回廊や日本一長い森のすべり台などがあります。
七沢森林公園には、バーベキュー場やアスレチック施設、木工や陶芸体験のできる施設、民話やわらべうたを聞くことの出来る施設も。
ハイキング気分で出かけてみましょう。
ぼうさいの丘公園には、ふわふわドームやじゃぶじゃぶ池、ローラースライダー、小動物園など、特に小さい子が楽しめる施設が充実。
厚木市役所の前にある厚木中央公園には大型遊具があるだけでなく、B-1グランプリなどさまざまなイベントの際に会場として利用されています。

次に、海老名市です。
相模三川公園は相模川の河川敷にある公園で、大型遊具や健康遊具、パークゴルフ、イングリッシュガーデンなどの施設があります。
JR相模線の社家駅から近い海老名運動公園には、屋内プールやバーベキュー場の他、ポニーに乗ったり、小動物と触れ合ったりすることのできる場所もあります。
清水寺公園には長さ75mのローラー滑り台があり、桜の名所としても知られています。
相鉄線のかしわ台駅近くには、廃校した小学校の屋外プールを利用した、お休みの日限定オープンの柏ふれあい釣り堀という変わり種施設も。

インドア派におすすめ

次は、インドア派におすすめの施設をご紹介します。
アミューあつぎは、以前厚木パルコとして使われていた建物を利用し、2012年にオープンしました。
8階には小っちゃい子が遊ぶことのできる・屋内広場sola、3階には会員になると15分108円の屋内遊具施設・Kid’s US.LAND、9階には工作教室・あつぎロボットゆうえんちがあります。
厚木トレリスの2階にある神奈川レジャーランドには、ゲームコーナーや24時間楽しむことのできるボウリングコーナーなどの施設が。
厚木シティプラザの7階にある神奈川工科大学厚木市子ども科学館には、無料で遊べる展示物の他、有料のプラネタリウムがあります。

マルイファミリー海老名の4階にも、Kid’s US.LANDがあります。
マルイファミリー海老名のあるビナウォークには、TOHOシネマズやゲームセンター・タイトーステーションなども。
イオン海老名店にも、イオンシネマがあります。
ショッパーズプラザ海老名の3Fには、ファンタジーキッズリゾート海老名という室内大型遊具施設もありますよ。
海老名駅の反対側にあるららぽーと海老名には、3階に東京おもちゃ博物館が玩具監修をした木育ひろばWood Cube、4階に屋内砂浜 海の子などの施設があるナムコ・アソミックスが。
Tsutayaが運営する海老名市立中央図書館の4Fにはキッズフロアがあり、直通エレベーターで向かうこともできます。

こんな場所も

番外編として、東名高速道路の海老名サービスエリアもご紹介します。
「ぷらっとパーク」という東名高速道路を使わなくても中に入れる出入口が上り線・下り線共にあるので、名物の「ぽるとがる」のメロンパンなどをテイクアウトして、上り線を出てす
ぐの、大谷近隣公園で食べたりするのも良いかもしれません。
江の島のフレンチトースト専門店・LONCAFEやカルビーキッチンなど、話題のお店を気軽に体験することができるのも海老名サービスエリアの良い点です。
もし、自転車を持っているならば、相模川の両側にあるサイクリングコースのサイクリングもおすすめです。